企業情報

ジャパンレジャーサービスグループ企業情報

代表メッセージ

会社のためじゃないだろう。自分たちの「幸せ」のために、人は働くのだ。

JLSグループ代表   山下 武人は誰しも「幸せ」になるために、この世に生を授かります。幸せの定義は人それぞれ当然違いますが、私は人生のさまざまなシーンで常に”自分らしく”あることこそが人間の真の幸福の姿だと思っています。
では「人は何のために働くのか?」を考えたとき、それは決して会社や組織のためではないでしょう。やはり人間は自分の幸せのために、また家族の幸せのために仕事をしてお金を稼ぐのです。
JLSグループでは働く動機に建前はまったく不要です。会社は社員がそれぞれの夢や希望をかなえるための舞台として存在しています。そして個人の努力や新しい発想が正当に評価、つまり給料に反映されれば、きっともっと頑張れる。思い描く幸せをカタチにできる―。
不況の時代でもJLSグループが成長を続けているのは、経営戦略の成功はもちろんですが、社員の幸せが追求された結果だと言えます。
JLSグループの社長たちに会社経営の絶対条件として常に求めているのは、すべてに”誠実であれ”ということ。現金を扱うビジネスなのでお金に誠実であることはもちろんですが、人に対して、そして自分にも誠実であることが何より大切です。つまりは自分より能力があると認める部下を何人持てるかが重要なのです。
トップに立つ人間が誠実であれば、優秀な人材は自然に育ってくる。本音の部分で自分のために働ける環境、そして誠実に評価する真摯な姿勢―JLSグループは「幸せ」を追求する人のための会社です。これまでも、そしてこれからも。

グループ企業理念

社員、お客様ともに「幸せ」になれる舞台をつくる。

お客様に「幸せ」をお届けする立場だからこそ、そこで働く社員がまず「幸せ」でなければならないと私たちは考えます。「幸せ」を測る物差しは人それぞれですが、一つ言えることは、自分自身が心から打ち込める情熱がなければ何事も「幸せ」に感じられないということです。与えられた仕事をこなすのではなく、自分で考えて行動し、自分にしかない個性をのびのびと伸ばせる環境であること。
少なくとも企業の規模や知名度では、本当の「幸せ」は測れないと私たちは信じています。社員ひとりひとりが「自分の夢や目的のために働きたくなる会社」。社員、お客様ともに「幸せ」になれる舞台をもっと広く、もっと多く。それがジャパンレジャーサービスグループの企業理念です。

ページ上部へ
ページ上部へ